霊能者の主な能力、霊能力

一括りに霊能者といっても、使える能力は人それぞれであったり得意分野も異なるものですが、ザックリと全体像として、霊能者の主な能力にどのようなものがあるのかをまとめてみました。

霊視

霊視は、霊能者の能力として広く用いられており、通常の人は見ることができない霊的世界、またエネルギーや波動、心や思考などを見たり感じたりする能力です。霊能者が主にコンタクトを取るのは相談者の守護霊であり、守護霊が持っている情報をさまざまな形で読み取ることで、相談者が持つ悩みや壁を破るヒントを得るわけです。

霊視によって霊能者が得られる情報は、ときに霊能者自身が見たり聞いたりしたような感覚になることがあるともいわれます。それくらい、霊能者は相談者の守護霊とシンクロすることが可能なのです。

スピリチュアルカウンセリング

スピリチュアルは霊や魂の世界といった意味合いです。霊的な存在を見るだけではなく、霊的存在から発信されるメッセージを受け取ったりなどの霊能力はスピリチュアルなものといえます。

スピリチュアルカウンセリングとは、こうした霊的存在から受信したメッセージをもとに、相談者がよりよい人生を歩めるようにアドバイスを行うものです。スピリチュアルカウンセリングでは、その人の持つ前世やオーラ、守護霊や妖精、宇宙世界などさまざまな次元からメッセージを受信する方法があります。

チャネリング

チャネリングは、霊能者の波長と霊的世界や高次元の領域の波長を合わせ、コンタクトを取ってメッセージを受け取る能力です。こうした交信を行う霊能者をチャネラーと呼び、チャネラーは霊や妖精、神や宇宙世界と交信ができるといいます。

チャネリングでのやりとりは通常の世界を超えた高次元で行われ、宇宙における全人類の思念や時空を超えた出来事などの膨大なデータ(アカシックレコード)とアクセスしているとされています。

さらに、相談者の魂における高次元な部分(ハイヤーセルフ)とつながることも可能で、万物の流転から魂の声までを受信し、すべてを見通すことができるのです。

透視

透視は霊視とは少し違い、通常は見ることができないものを見透かす能力です。特に霊能者は自分の目の前にない人やもの、事象について見る遠隔透視の能力を持っています。この遠隔透視を行うことで、離れた場所にいる相談者や周囲を取り巻く人々などの映像、イメージ、また霊的な存在について認識することができるのです

。霊視と明らかに違うのは、相談者の守護霊などと直接コンタクトを取るものではないということです。能力の高い霊能者は、あらゆるものについて原子レベルで物事を見通すことができ、その視点は過去や未来など時空を超えることも可能です。

ヒーリング、遠隔ヒーリング

誰しもが持つ霊的エネルギーや波動が乱れたとき、人は心身のバランスを崩して不調に陥ります。そのような状態のとき、高い霊能力を持った霊能者が霊的エネルギーを送り込んで増幅させたり、波動を整えたりして相談者の心身を癒していくのがヒーリングです。

霊能者は、その能力によって相談者の霊的エネルギーや波動、思念やイメージなどと通じる通路を作ります。これにより、霊能者が持つエネルギーを相談者に送り込むことが可能になるのです。

守護霊対話

どのような人でも、その人を守る守護霊は存在します。守護霊は人に降りかかるさまざまな厄災をはねのけるだけではなく、その人の人生をよりよい方向に導く役割も担っているのです。その役割の比重は、守られている人の霊的な能力によって異なります。

この守護霊が送るメッセージは通常の人は感じ取りにくいものですが、霊能者はそのメッセージを受信し、相談者に伝えることが可能です。守護霊が果たそうとしている役割だけではなく、どのような方向に人を導きたいのかといったメッセージを相談者が知ることができる方法です。

除霊、お祓い

人に憑りつく低級霊や邪霊など、災いをもたらす霊を追い払って寄せ付けないようにする方法です。この除霊やお祓いを行う際、霊能者のパワーを駆使して行うもの、お経などに宿る言霊を利用するもの、神仏にコンタクトを取ってその力を借りるものといった方法があります。

特に神仏の力を借りるには、高い霊能力が必要になるでしょう。本物の霊能者の中には、これらの方法をすべて駆使できる霊能者もいれば、いずれかの能力にたけている霊能者もいます。また憑りついている霊にも格や種類の違いがあるため、その霊の性質に適した方法を行うことが求められます。