霊能者への鑑定依頼について

霊能者というと胡散臭いと感じる人も多いことでしょう。スピリチュアルとかそうした分野を毛嫌いしている人がいる、というのもまた事実です。例えば霊能者がよく行う行為として霊視があるわけですが、これは過去を見たり未来を見たりします。過去といっても前世であったりして、それは要するに確認できないこと、ということになります。ですから、胡散臭いと考える人がいるのですが、未来のことなどであればそれなりに本物であるのか、というのは確認できるようになります。そもそも霊能力を信じている人でも多くの場合、この人は本物であるのか、ということを疑うことから始めるといっても過言ではないです。本物がいるとしてもその何十倍単位で偽物もいる世界といえますから、もし霊視などをしてもらう気があるのであれば評判がよいところにいきましょう。そもそも本物の霊能力者に会う機会なんてどこにあるのか、と思うかもしれませんが例えば占いなどを生業にしている人は霊能者を名乗っていることが多く、会おうと意識的に行動すれば本物であるのかどうかはともかく出会うことはできます。そこから、真に能力がある人を見つけ出せるように現実で判断できることを霊視してもらうとよいでしょう。
一言で霊能者といっても、本当に力の違いがよくあります。例えば霊感や霊視の能力がある、というのは基本的なことになりますが、それだけではなく、その程度に個人差がある、ということになります。それは早さであったり、明度であったり、深さであったりします。つまりは、どこまで深いところまで感じることができるのか、ということが霊能者としての力の差ということになるでしょう。高いレベルの霊能力を持つ霊能者というのは、除霊ができたり未来視ができたりするわけです。そして、それは極めて早く、瞬時に読み取りができる、となるわけです。そうはいっても証明がなかなかできることではないです。一般的な基礎的なこととしてこうしたことが言われている、ということであり、科学的には証明されているわけではありませんが、それでも本物、とされている人は少なからずいるのですから、霊視をしてもらいたいのであれば当たり前ですが本物を意識して探すことです。能力的に過去のことがわかることも重要ですが多くの人が求めるのは未来の情報でしょう。要するに一種の占いでもあるのですが本物の能力がある人を探す価値はあるといえるでしょう。特にネットで探すことが効率的です。

霊能者(トップに戻る)