悪徳霊能者に騙されないために

スピリチュアルといった分野が人気になっていますが、そうしたことができる人のことを霊能者といいます。この霊能者というのは霊的な能力がある人たちであるわけですが意外と定義がそこまではっきりとしているわけではないです。例えば透視が出来る人もいますし、未来を見通すとかいうこともあります。恐山のイタコなどは先祖の霊を下ろすことができるとされているわけで、一言に霊能者といってもやれることには違いがあります。昨今、流行しているスピリチュアルという点においては過去と未来を見通す透視分野といえるでしょう。例えばオーラ診断などがあり、その人の纏っているオーラなどを見て、その状態から未来を見たりするわけです。霊的な世界ということはなかなか言葉で現すことは難しいのですが、多くの霊能者がはっきりとみえているわけではなく、ぼやけて見えると証言しているのでイメージとして脳に浮かび上がるような形になるといえるでしょう。なかなか普通の人には理解しがたい部分ではあるのですが、霊能者というのは超常的であり、また目に見えることのない霊的な部分にアプローチできる人のことをいうのです。霊視などは特に人気がある行為でもあるのです。
最近はスピリチュアルが日常生活に浸透するようになりました。有名な霊能者がテレビ番組を持っていたこともありますし、霊能者が多数在籍する電話占いも人気があり、たくさんの広告を見かけます。また、書店でも精神世界のコーナーが広くなって、霊能者が書いたスピリチュアル本がたくさん売られるようになりました。このように、今は霊能者が一般的に認知される時代になりましたが、私たちは霊能者を自分とは違う特別な人間だと思い込んでいます。確かに一般の人は霊が見えたり守護霊の声を聴くことは出来ません。でも、特別な能力のある霊能者でも100%正しいアドバイスが出来る訳ではないと思っています。なぜなら霊能者も私達と同じ人間であり、その人自身の性格や経験がアドバイスに反映されるからです。これは霊能者に相談するのは間違いと言っている訳ではありません。実際に相談に行って悩み事が解決した人も多いからです。でも何人もの霊能者を渡り歩いたり、依存するのは良くないと思います。霊能者からアドバイスをもらったら、まず自分自身が解決に向けて積極的に行動する必要があります。そして自分の心の中に問いかけたり、ふとした閃き(直感)を信じることも問題解決につながると思います。

本物の霊能者(トップに戻る)

霊能者による洗脳の手口や目的、事例

霊能者の中には、相談者を洗脳して自分の思い通りに操り、自分の支配下に置いたり不当に利益を得たりする人物も存在しています。たとえば、本物ではない霊能者が相談者に洗脳を行う手口には以下のようなものがあります。

続きを読む