インチキ霊能者の特徴、本物の霊能者の見分け方

霊能者と呼ばれる人は多く存在しますが、霊的な能力が目に見えるものではないだけに、霊能者が持っている能力が本物であるかどうかを見極めるのは難しいものです。

中には、高い霊能力を持っているわけではないのに人を信じ込ませて鑑定料を巻き上げるインチキ霊能者も存在します。

このようなインチキ霊能者は、さまざまな手法を使って人を惹きつけ、霊能力と関係のない施術を次々に施していきます。相談をする際には、このようなインチキ霊能者と本物の良心的な霊能者を見極めることが大切でしょう。では、まずインチキ霊能者に見られる特徴を下記に挙げていきます。

・過度に派手な服装や貧相な服装をしている

霊能者は人の世界を超越した霊的世界とつながる神聖なものです。そのため、多くの霊能者はきちんとした清潔感のある服装をしているものです。

中には、巫女衣装などの正装で臨む人もいるでしょう。しかし、インチキ霊能者は能力を高く見せるために派手な服装をしたり、また霊的世界への意識が低く貧相な服装で臨んだりといったケースがよく見られます。

・話術だけで人を信じ込ませる

ニセの霊能者がよく使う話術として、コールドリーディングやホットリーディングといったものが挙げられます。コールドリーディングは、最初に誰にでも当てはまりそうな内容を話し、それを受けた相談者の表情や言葉などの反応を見ながらどんどん話を掘り下げて、さも本当のことを言っているように見せかける手法です。

ホットリーディングはそれよりもさらに単純で、相談者が訪れる日を数日先に設定しておき、その猶予の間に相談者の情報について調べて、当日にはその内容を、霊能力を使って言い当てたかのように語ります。

・自分の経験や実績を大きく語る

たとえば、自分についている守護霊や前世について著名な人物などの名前を挙げたり、厳しい修行を積んできたといった情報をことさらに強調したりするのも特徴の1つです。

また、これまで鑑定してきた人物について、著名な人の名前を出して大きな実績があるように見せかけることもあります。本当の実績であればもちろん信頼が置けますが、ビッグネームを借りて経験や実績を語る霊能者は、だいたい噓を言っていることが多いです。

・高圧的な態度を取る

多くの人は、自分にない能力を持った人の言うことなら信じる傾向があります。冷静な思考が働いていればその発言に矛盾があれば気づくところですが、高圧的な態度を取られると自信がなくなってしまい、萎縮してしまうこともあるでしょう。

インチキ霊能者は、その発言や思想に一貫性がないため、発言には矛盾する点が見受けられることが多々あります。しかし、それを相談者に気づかせないために高圧的に振る舞い、相談者の言葉に耳を傾けようとしないのです。

インチキ霊能者と本物の霊能者の見分け方、チェックポイント

では、ニセの霊能者と本物の霊能力を持った霊能者を見分けるポイントはあるのでしょうか。それは、上記のインチキ霊能者の特徴を踏まえるといくつか見えてきます。

・服装を見る

前述のように、派手に着飾っていたり貧相な服装をしていたりする霊能者は、ニセモノであることが多いです。本物の霊能者は、過度に着飾ったり霊的世界への敬意を忘れたりせずに、シンプルながらもきちんとした身なりをしているものです。また物欲もなく、霊的世界に真摯に向き合おうとしているため、質素な雰囲気を持っているでしょう。

・話し方を見る

これも前述に挙げましたが、他者の名を借りて自分を大きく見せようとしたり、高圧的な態度を取ったりする霊能者は信用しない方が無難です。また、無駄に不安をあおるようなことを言う霊能者にも気をつけるべきでしょう。本物の霊能者は余計なことは口にせず、相談者が知りたいことだけに真摯に対応してくれるはずです。

・自分しか知らない秘密を見てもらう

前述のようなホットリーディングによって事前に情報をつかまれている場合は、住所や生活スタイル、職場などの情報を知られてしまっています。しかし、傍目から見た情報だけではなく自分しか知らない秘密に関しては、霊能力を駆使できる本物の霊能者のみが見ることができるものです。

そのため、相談をするときに最初に自分の秘密について見てもらうようにしてみましょう。インチキ霊能者なら、適当に話をはぐらかしたり見当違いの鑑定をしたりするでしょうから、そこで見分けることが可能になります。